クレンチ・ワーカ

事業案内

事業案内


基礎工事部 クローラクレーン部 クレンチワーカ


クレンチワーカ




クレンチワーカ 内容
取得特許証

クレンチ・ワーカーによる、ワイヤー巻き替え工

・巻き替え請負 11t車に クレンチ・ワーカ を搭載し、作業員とともに、ワイヤー交換に伺います。


   

他社工場にて90tCRワイヤー巻き入れ

船舶のドラムにワイヤー(Ф12×8400m)巻き入れ
   

大型ウインチワイヤー(Ф30×310m)交換

大型ウインチワイヤー(Ф30×310m)巻き入れ
   

タワークレーンワイヤー巻直し

埼玉機械センターにて50tCRワイヤー交換
   
65tCR主巻ワイヤー巻替動画(場内にて①)
65tCR主巻ワイヤー巻替動画(場内にて②)

巻替
【今までのワイヤー巻き替え】

従来のワイヤー巻き替え作業は、少なくとも数人の作業員を必要とし、長時間の重労働と、労働環境の悪化となった。

又、ワイヤーに必要なテンション荷重を負荷できないので、クレーンの作業時に発生しやすいドラムワイヤーの喰い込み、キンク、乱巻等により時に多大な損害となる。



【これからのワイヤー巻き替え】
テンション荷重は、1t ~8t まで自由に選定!

テンションをかけて、スムーズに巻き替え中!


機構
【クレンチ・ワーカの機構】
軟らかに巻いた木製ドラムのワイヤー端末を、直接スネールドラムに入れて、ワイヤーに一次テンションを負荷し、更に同端末をキャンドラムに数回巻きにし、二次テンションを増幅負荷して、クレーンドラムに巻き取らせます。一行程巻替え作業のため、きわめて早い機構です。


古ワイヤー
【古ワイヤーの扱い】
所定の使用期間に満たない良質の古ワイヤーは、後日再使用の為に木製ドラムに巻き取り保管する。ワイヤー種類と寸法を記入した荷札をつけておけば便利。     伸縮ドラムに巻き取る廃棄処分の古ワイヤー堅巻き 


基礎工事部 クローラクレーン部 クレンチワーカ